『J諷意茶譚  小早川秀秋と大谷吉継』
                                                      七重誠治

 これは関ヶ原の後日談である。小早川秀秋の裏切りが勝敗を大きく左右したのだが、その時の秀秋のほんとうの心は?  
 秀秋は当初西軍に属し関ヶ原の前哨戦である伏見城の戦いの時、副大将として臨んでいる。この戦いは西軍すなわち三成側の勝利で終わった。といのも東軍すなわち家康がおとりにした戦いであったからだ。本戦の関ヶ原で秀秋は寝返り(裏切り)、東軍有利に導いた。これにより日和見主義と誹謗されるゆえんとなる。
 しかし、考えて見れば秀秋は、時の権力者に利用された気の毒な人であった。
 まず、秀吉の義理の甥として出生したのが運命の始まり。秀秋は北政所(高台院)の兄木下家定の5男であった。子のない秀吉がそこに眼を付け養子に貰いうける。北政所は可愛がって育てた。秀吉もその気になった。後陽成天皇が聚楽第行幸の際、秀秋が秀吉の代理を務めたほどだ。秀吉は自分の後継者は秀秋と決めていたのだろう。丹波亀山城10万石を与え、豊臣姓を名乗らせた。秀秋は中納言にのぼり「丹波中納言」と呼ばれた。
 ところが、秀頼が生まれたことで運命が急変する。秀吉は秀秋が邪魔になった。そこで毛利家に養子に出そうと黒田官兵衛を遣って毛利家の重鎮小早川隆景に働きかける。驚いた隆景は、毛利家の跡取りは毛利元就の孫(秀元)に決まっているので秀秋の方は自身の養子にしたい旨を秀吉に伝えた。秀吉にしてみれば邪魔者が除かれさえすればいいわけで反対するいわれはない。こうして、秀秋は豊臣秀秋から小早川秀秋になった。隆景もしたたかでこれが功積となったのか官位が上がり中納言となり、五大老の一角を占めた。
 次は豊臣秀次事件。秀秋はこれに連座して丹波亀山城を没収された。がすぐ義理の父隆景が隠居したため、その年の内に筑前30万石の国主となった。
 秀吉の命で朝鮮へも出兵している。帰国後は越前北ノ庄15万石へ転封を命じられる。大幅減封となったため家臣の多くをリストラすることになりこれを機に秀秋を補佐してきた重臣も離れていった。隆景以来の家臣の一部は三成の元に奔っている。裏切りを決断させた遠因の一つであろうと思う。
 慶長3年(1598年)8月、秀吉死去。豊臣政権は五大老の合議制となった。翌慶長4年2月5日付で、秀吉の遺命として知行宛行状が発行され、秀秋は旧領筑前へ復帰した。復帰した秀秋は農民保護対策を打ち出し農村復興につとめたと言われる。そしてほどなく関ヶ原を迎える。
 さて関ヶ原。秀秋の数奇な運命が裏切りの心を引き出す。秀秋は横から大谷吉継軍を攻める。これにより吉継軍は乱れ霧散、敗北を覚悟した吉継は戦場で自刃する。その時、秀秋の陣にむかって「人面獣心なり、3年の間に祟りをなさん」と罵ったという。
 戦後、秀秋は論功行賞で岡山55万石を与えられ大大名になった。しかし家臣は離反、吉継の怨念がまとわりつき、もんもんと過ごすうち極度のうつになり2年の後に悶絶死してしまう。若干二十歳そこそこであった。
 秀秋の死後、皮肉にも小早川家は徳川政権初の後継者無き改易となった。
 武士の世界は義を重んじる。しかし、現代はこの義が軽い。人情も薄くなった。終身雇用も死語なら会社人間も死語になりつつある。この義の薄さは、まさに明治維新の「勝てば官軍」思想に起因する。
                       
                  2014年9月12日
                                                     (六敬庵主人
生々文庫目次に戻る
最初のページに戻る